育毛剤に副作用はあるのか?

育毛剤を使用したことによって副作用が起こってしまう可能性もあります。
育毛剤を買う前にしっかりと成分を把握することが大切です。

全ての育毛剤に副作用が起こる危険があるわけではありませんが、一部の育毛剤の中には、副作用が起こるかもしれない可能性のある医薬品が含まれている場合もあります。

その代表的な医薬品は「ミノキシジル」「フェナステリド」があります。
(フェナステリドは、プロペシアとも呼ばれています。)

育毛剤を使用したことによって異常なほどのかゆみが伴ってしまったことはありませか?
それは、ミノキシジルの副作用である可能性が高いかもしれません。

育毛剤によってかゆみが起こってしまうこともあるのですが我慢できないほどの異常なかゆみである場合は、ミノキシジルの副作用かもしれないと疑った方が良いかもしれないのです。
ミノキシジルは、高血圧を改善する薬としても使われていたことがあるそうです。

・低血圧
・動悸
・胸痛
・手足の痺れ
・頭痛
・むくみ

などの低圧降下剤としての副作用が起こってしまう危険性があります。
フェナステリド、プロペシアは胃に不快感を感じるようになったり、性欲の低下などの症状が出る可能性があり、臨床実験でも確認されている副作用なのだそうです。

男性ホルモンにも作用してしまうらしく精子の数が減ってしまったり、勃起不全などの性的機能において、副作用が起こってしまう可能性もあります。
実際にそのような副作用にあってしまった方も多くいらっしゃるのだそうです。

こういった副作用があると育毛剤を使用したくても不安で使用できなくなってしまいますよね。
天然成分で作られている育毛剤もありますから、香料などが配合されていない無添加な育毛剤を使用するようにすると良いのではないでしょうか。

育毛剤を選ぶときには成分をしっかり確認するようにしましょう。
有名な育毛剤だから、人気の育毛剤だからという理由だけではなく自分に合っている育毛剤であるか、しっかり見極めてみて欲しいと思います。
ところでみなさんは育毛剤の他に発毛剤と養毛剤というものがあるのをご存知ですか?
こちらのサイトに 育毛剤・発毛剤・養毛剤の違いや男性用と女性用の育毛剤のちがいは何か?などについてかかれていますので参考にしてください。

Copyright (C) 抜け毛対策を最大限に All Rights Reserved.